FC2ブログ
ブログランキング
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム
FC2ブログランキング
FC2カウンター
ジャニーズDVD
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
生田斗真 「学生時代はモテるどころか女子から敬遠されてた」!?
昨年「第84回キネマ旬報新人男優賞」や「第53回ブルーリボン新人賞」を受賞し、俳優として充実の時を迎えている生田斗真さんが、今度は大ヒット少女マンガを映画化した『僕等がいた』で主役の矢野元晴を演じている。せつなくも愛おしい純愛を、生田さんと吉高由里子さんが演じているこの作品。生田は、『少女マンガ』というものに大きな衝撃を受けたようだ。

「学生時代とか、明らかに男子より女子の方が大人びているじゃないですか。少女マンガを読んだ時にそのカラクリが解けたような気がした。女子がこれだけリアルに恋愛を疑似体験している隣で、男子は『ドラゴンボール』を読んでたわけだから。そりゃ、差もつくよなって(笑)」

そんな『僕等がいた』という作品は、高校時代に出会ったふたりの7年にわたる『貫く思い』が描かれた物語。生田さん自身の両親が、高校からの付き合いで結婚したため、そうした純愛も「夢物語だとは思わない」とも語るが、彼自身、学生時代はどんな恋愛をしていたのだろうか?

「両親みたいな恋愛には憧れてはいたけど…。学生時代からこの仕事をやっていたので、実際にそれを経験するのはやっぱり難しかったよね。」と生田さん。

実際の青春時代の記憶は、「常に男だらけでバカなことばっかりやってましたからね。女子からはモテるどころか敬遠されていたような気がする。」そんな彼にとっての青春の記憶は、『友情の記憶』だそうで・・・。「高校時代の仲のいい友達には歌舞伎役者やバレリーナや俳優がいたから。真面目に仕事の話もした。いつかこんなことをやりたい・・・あの頃、語りあった未来は前に進むための原動力にもなっている。」

いつまでも消えない仲間との友情の記憶が、生田さんの芝居に対する情熱と本気を形づくったのかもしれない。

スポンサーサイト


2012.04.10 Tue | 生田斗真 | T:0 | C:0
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。