FC2ブログ
ブログランキング
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム
FC2ブログランキング
FC2カウンター
ジャニーズDVD
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
『南極大陸』最終回、平均視聴率で22%を記録
10月16日から放送されたSMAP・木村拓哉主演のドラマ・日曜劇場『南極大陸』(TBS系)が18日、最終回を迎え、平均視聴率22.0%、瞬間最高視聴率25.5%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)を記録した。全10話の平均視聴率は18.0%だった。

初回平均視聴率は22.2%

 同作は、日本復活の扉を開くため、南極大陸に命がけで挑んだ人間と樺太犬との尊い絆を、実話を元に圧倒的スケールで描いた物語。1時間半のスペシャル版で放送された最終回では、時を超えて52年前の本当の真実が明かされ、新たな奇跡を起こす結末を描いた。

 瞬間最高視聴率を記録したのは、午後10時14分。犬たちが生きているという“奇跡”を信じ、再び南極へ向かった木村演じる倉持が、再会を果たしたタロ・ジロと一緒に、リキをはじめ8頭の犬の亡骸を南極の海に弔い、「ありがとう」と泣き崩れるシーンだった。

 石丸彰彦プロデューサーは「昭和という激動の時代に生きた人たち、そして犬たちが懸命に生きようとしたことを伝えたかった。全てを出し切って、最後まで表現することができてほっとしています」とコメントを発表した。






スポンサーサイト


2012.01.18 Wed | 木村拓哉 | T:0 | C:0
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。