FC2ブログ
ブログランキング
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム
FC2ブログランキング
FC2カウンター
ジャニーズDVD
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
「ファイナルファンタジー XIV」完成披露会開催――生田斗真さんが起用された新CMがお披露目
9月14日、スクウェア・エニックスは都内恵比寿にて、“「ファイナルファンタジー XIV」完成披露会”を開催した。

【拡大写真や他の紹介写真を含む記事】

 「ファイナルファンタジー XIV」は、「ファイナルファンタジー」シリーズ最新作にして、「FF XI」に続くオンライン専用タイトルの2作目となる。9月22日に「コレクターズエディション」が、9月30日には通常版が発売予定だ。なお今回発売されるのはともにWindows版で、プレイステーション 3版は2011年3月上旬に発売する予定となっている。ちなみに、「FF XIV」は日本のみならず、英語版、ドイツ語版、フランス語版が同時にスタートする予定だ。

 イベントのオープニングを飾るのは、「FF XIV」のメインテーマであるAnswersの弦楽四重奏生演奏。その美しい楽曲に、来場者は静かに耳を傾けていた。

 続いて、スクウェア・エニックス・ホールディングス代表取締役社長の和田洋一氏が登壇、挨拶に続いて本作についての意気込みを語った。

 和田社長は、「いよいよ『FF XIV』が日・米・欧で同時ローンチします。今朝段階で39万人以上がβテストに参加しており、世界中で多くの人より期待されています。必ずやこの期待にそえる作品に仕上がっていくと確信しています。『FF XI』が8年前にローンチしたときは、何から何までが初めてづくしでした。それから8年経ち、皆様方のおかげで、「FF XI」は世界で代表するオンラインゲームに成長しました」と、「FF XI」の運営を振り返った。

 また、本作のタイトルについても言及。「本作のタイトル名を決めるとき、プロデューサーから「FF XIV」にしたい、と言われました。理由を尋ねると、“「FF XI」にVをつけると「FF XIV」になるから”との答えが返ってきて、“この人、こういうことを言う人だったんだ”と、しばらくポカーンとしてしまった。ただ、これは「FF XI-2」ではない、数年間に渡って支持を得た「FF XI」をさらに進化させていきたい、という2つの決意の表れだと解釈し、「FF XIV」としてお客様に届けることに決定しました」と、本作が「FF XIV」となった経緯を明らかにした。

 続いて、本作のオープニングが上映された。酒場でギルドリーヴのカードを眺めていると、冒険の幻影を見る……といった感じの内容で、大迫力のバトルシーンが見られた。

 その後は、本作のプロデューサーである田中 弘道氏が登壇、「FF XIV」の舞台であるエオルゼアについてや、スタート地点となる3国の紹介を行った。「3国はすべて細部まで作り込まれている。皆さんの第二の故郷となる場所が、きっと見つかるはず」と、本作の没頭感が並々ならぬものであることを語った。

 また、キャラクターメイキングと、それに続くオープニングムービーのデモも披露。キャラメイキングは非常に細部まで行え、例えば“ミコッテ”ならば尻尾までカスタマイズできることを説明。また本作独自のアーマリーシステムや、スタート地点は3国から選択することを紹介した。

 キャラメイクから続くオープニングムービーについては、「『FF XIV』はストーリーに注力しており、イベントシーンはハイクオリティな映像をリアルタイムレンダリングで実現している。このため、主人公キャラクターの外見や装備は、その時々に応じたものでイベントシーンを楽しめる」と解説した。

 なお、スタート地点となる3国やキャラクターメイキング、オープニングイベントに関しては、過去の記事でくわしく紹介しているので、詳細に関してはそちらを参照してほしい。「Ff XIV」は現在オープンβテストが行われているので、実際にプレイして確かめてみるのもいいだろう。

●「FF XIV」新CMお披露目、生田斗真さんがゲスト出演

 「FF XIV」の新CMもお披露目された。本CMには俳優の生田斗真さんが出演しており、本イベントにもゲストとして登場。田中プロデューサーを交えてのトークセッションが行われた。以下にQ&A形式でその内容を紹介する。

―― 完成されたCMを見ていかがでした?

生田さん 僕は小学生の頃から「FF」シリーズを遊んできました。自分が「FF」の世界に入っていく、ということはすごく興奮しました。

―― 印象に残ったシーンは?

生田さん 水の中からのショットですね。水の波紋がキラキラしていてキレイでした。

―― CMの中で着用されていた鎧はいかがでした?

生田さん 本当に細部まで作り込まれていて、着ていてテンションが上がりました。また、かなりお金をかけられている、とのお話も聞きました(笑)。楽しかったです。

田中氏 今回、撮影の当日まで職人さんが気合いを入れて作ってくれました。監修は、開発スタッフの“鎧マニア”が行いました(笑)。

―― 演技したときのポイントがあれば教えてください。

生田さん 「冒険者の夜明け」というCMタイトルの通り、僕が多くの冒険者を引き連れて旅に出るという勇ましさ、力強さを意識しました。

田中氏 大規模な撮影だったのですが、スタッフやサブキャストの皆さんもゲーム内のパーティのように一致団結して、熱い演技を行ってくれました。

―― 生田さんは「FF」シリーズのファンだと言われましたが、どの作品をプレイされました?

生田さん たくさん遊んでいますね。「V」、「VII」、「X」、「X-2」もそうですし、もちろん「XI」も遊んでいます。

田中氏 僕らもこれほどまで「FF」シリーズのファンだとは思いませんでした(笑)。「XIV」も楽しんでいただけるのではないかな、と思います。

―― 生田さんはオンラインRPGにどんな魅力があると感じますか?

生田さん 実は、「FF XI」を遊ぶまでは、オンラインゲームはハードルが高い、というイメージがありました。でもじっさいに遊んでみると、友達と盛り上がりながらチームプレイで盛り上がれるのが楽しくて(笑)。寝る時間を削ってまで、ひたすら遊んでましたね。まだオンラインRPG未経験の人は、ぜひ「XIV」をきっかけにプレイしてもらいたいですね。

―― 「XIV」のどんなところに期待していますか?

生田さん 「XI」にはない、色々な新しいシステムが楽しみですね。発売が待ち遠しいです。

田中氏 今回は“ギルドリーヴ”という、初心者や短時間しか遊べない人でも気軽に楽しめるコンテンツがあります。「XIV」がはじめての「FF」だった、というユーザーさんが増えてくれるとありがたいですね。

―― 生田さんは、どの民族でプレイしてみたいですか?

生田さん やっぱり、CMでヒューランを演じているので、ヒューランがいちばんしっくりくるかなあ、と思っています。

 トークセッションのあとは、本作のテストプレイが披露された。プレイヤーは生田さんで、アメリカ、ドイツ、フランスのスクウェア・エニックススタッフと4人のパーティを組んで遊ぶという内容。“インフェルノドレイク”という、燃えさかるドラゴンのようなモンスターと戦うこととなったが、生田さんのパーティは難なくこれを撃破。さすがは「FF」ファン、という腕前を披露した。

 テストプレイを終えて、生田氏は「とにかく画面が綺麗なことに感動しました!」とコメント。田中氏は「勝ててよかったです(笑)」とホッとしていた。

 最後に、CM撮影時の生田さんへのインタビューを掲載する(資料より)。

―― 「FF XIV」のCM出演の話を最初に聞いたとき、どんな感想を持たれましたか?

生田さん 言葉を選ばずに言うと、“超やべーな”と思いました(笑)。やっぱり昔から「ファイナルファンタジー」をやらせていただいていたので、まさか自分がCMに出演するとは思ってもいませんでしたから。

―― 「ファイナルファンタジー」シリーズをプレイしたのはいつぐらいからですか?

生田さん 一番最初にやったのは「V」です。あとは「VII」、「X」、「X-2」などをプレイしていました。あの辺は王道ラインですけど、やっぱり一番好きですね。僕が小学生だったとき、はじめて予約したソフトが「ファイナルファンタジー VII」だったんです。当時はすごく分厚い3枚組だったんですが、disc1が終わって、2、3と進むにつれて、「もう終わっちゃうんだな……」と寂しさを感じるぐらい夢中でしたね。

―― 無事撮影を終えてのご感想を聞かせてください。

生田さん セットも素晴らしいし、監督の演出や撮り方もカッコよかったですし、本当に出来上がりが楽しみですね。こんな素晴らしい衣装まで用意していただいて、楽屋で写真をたくさん撮っちゃいました(笑)。

●「ファイナルファンタジー XI」について

―― 「XIV」と同じオンラインゲームである「ファイナルファンタジー XI」をプレイされていたとお聞きしたのですが。

―― 友達がやっていて、一緒にやろうってずっと誘われていたんです。それで試しにやってみたら、まぁこれが面白くて(笑)。本当に朝までやっちゃうぐらいの勢いでしたね。

―― どんなキャラクターを使っていたんですか?

生田さん キャラクターはエルヴァーンを使ってました。最初ヒュームでレベル7くらいまで行ったんですけど、エルヴァーンが魔法使うときに、あのヒラヒラ~ってなるところがカッコいいなーと思って(笑)。途中で切り替えて、もう一度最初からやり直しました。

―― それは筋金入りですね。ちなみにメインのジョブは?

生田さん ずっと忍者でした。サポートジョブはシーフで。(アビリティでは)シーフの“だまし討ち”がお気に入りでしたね。仲間の後ろに回って、ひたすら敵をなすりつけてました(笑)。

―― 当時プレイしていて一番印象に残ったことは?

生田さん バストゥークからジュノに行くと、競売場にもの凄い人がいるじゃないですか。日本の人だけじゃなくて、世界中の人達が会話しているのを目の当たりにして、こんなにたくさんの人がやってるんだ!と思って、すごくビックリしたのを覚えています。

●ファイナルファンタジーファンへのメッセージ

生田さん こんにちは、生田斗真です。この度、「ファイナルファンタジー XIV」のCMに出演することになりました。発売が近づくにつれて、僕自身もどんどん、どんどん興奮が高まってきています。皆さんぜひエオルゼアでお会いしましょう!



スポンサーサイト


2010.10.24 Sun | 生田斗真 | T:0 | C:0
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。